貿易事務へ転職するために

メンズ

英語力が高ければ転職に有利

貿易事務では日本の普通の職場と違い、英語を使う場面が数多くあります。そのため基本的な英語の力は必要不可欠となるのです。そのため、貿易事務の仕事がまったくの未経験であるという場合でも、英語力が高ければ採用してもらえる可能性は高くなるのです。

英語以外に有利となる資格など

貿易事務で英語に有利になるものとして貿易に関しての資格などがあります。貿易実務検定や通関士などが資格として有利に働くものになりますので、志望する職場の傾向をよく知り、資格取得が必要かどうか判断しましょう。資格が必要でないという職場でも、余裕があれば取得しておくと、面接で有利に働きます。

派遣登録しよう

貿易事務は待遇が比較的よく専門的な職業であるということもあり、未経験から転職するのは難しいとされています。しかし、貿易事務の求人を多く載せている転職サイトに派遣登録することによって、貿易事務として働くチャンスを増やすことができるのです。派遣として入社してから、正社員登用を目指すこともできます。

働いている人に聞いた!貿易事務の仕事で大変なことランキング!

no.1

貿易のトラブル

第一位に選ばれたポイントは貿易のトラブルという結果になりました。貿易でトラブルが発生すると、直接会社の利益に関わるので、適切な対応が求められます。相手会社とのすり合わせが非常に大変だという回答が多かったです。

no.2

英語での対応

第二位は英語での対応です。メールに関しても会話に関しても、日本語でも大変なのにそれが英語だととても難しいという声がたくさんありました。職場によっては毎日勉強の連続のようです。やはり英語能力は必須なのですね。

no.3

業務が多い

第三位は業務が多いというものになりました。貿易事務の仕事には細かい雑務なども非常に多く、職場や時期によってはとても忙しいようです。細かい業務が多いという点も、貿易事務の仕事が大変な理由の一つなのですね。

貿易事務として働いている人たちの口コミ

やりがいがある仕事

貿易事務の仕事は大変ですが、とてもやりがいがあると思います。僕は語学力を仕事に活かせるということを考えて貿易事務という職業に就きましたが、語学力以外にも貿易についての知識や、臨機応変な判断力などが高いレベルで求められるので、向上心がある人にとってはとても向いている職場だと思います。

研修期間があるので安心

貿易事務の仕事に就きたいという人と話をすると、入ってからすぐに戦力にならないと採用してもらえないと思っている人が多いような気がします。確かに会社側は即戦力が期待できる人材を求めていますが、研修期間などもありますし、最初は周囲からサポートを受けて仕事をすることができます。僕自身も研修期間にいろいろなことを勉強しました。

入社後も英語力が伸びる

貿易事務では英語の書類が非常に多いので、それをなるべく早く処理するために自然と英語の能力も高まってきます。入ったばっかりの時は専門用語を覚えるだけで精一杯でしたが、今では書類を素早く読んで的確な処理ができるようになりました。まだまだ勉強の連続ですが、日々自分の英語力が上がり、仕事もできるようになってきていると実感します。

遅延などの処理が大変

貿易事務の仕事の中で一番大変なのが、貿易に関して遅延などが発生してしまった際のトラブル処理です。こちらが悪い場合は相手が納得するような代替案を出す必要がありますし、相手側のミスの場合は、強く意見を言って損害等が出ないようにしなければなりません。すんなりいくときもありますが、拗れると調整が非常に大変です。

仕事に関する考え方が変わる

貿易事務の仕事でさまざまな国の人達と仕事をしているうちに、段々とお国柄というか、性格が分かってきて面白いです。日本とは仕事に対する考え方が異なる人たちもたくさんおり、自分の見識も広がります。

[PR]

寮完備求人を探しているなら注目!
沢山の職種の職場を紹介中!

古河市の派遣求人を豊富に紹介!
再就職の強い味方☆

[PR]

広告募集中