貿易事務に向いている人|貿易事務への転職に活かせる英語力などの能力について

貿易事務に向いている人

地球儀と男女

どんな人が向いているのか知ろう

貿易事務という仕事はどんな人が向いているのでしょうか。具体的に知ることで自分に適性があるかないかある程度の目安になります。仕事内容も見ながら、どのような人が向いているのか知りましょう。

ミスが少ない人

貿易事務の仕事では、貿易に関しての書類手続きや雑務が主な業務になります。そのためミスがないか何重にも渡ってチェックするわけですが、すべてのミスが防げるわけではありません。もちろん他の職場でもミスはよくないですが、貿易事務の場合小さなミスで大事になることがあるので、ミスが少ない人の方が向いているといえるのです。

複数の仕事を同時進行できる人

貿易事務の職場では複数の案件を同時に進めなくてはならないことが常です。案件以外に雑務なども数多くこなさなくてはならないので、複数の仕事を効率よく処理できる人は向いているといえるでしょう。

貿易事務で活きるスキルや能力

タイピング技術

パソコンを使ってメールなどさまざまな処理をしなければならないので、タイピングが速いほうが仕事が早くなるといえます。これから貿易事務を目指すという人は、日頃からタイピング練習を欠かさず行うようにしましょう。素早いタイピングはきっと仕事で役立ちます。

パソコン基本操作

パソコンの基本的な操作ができないと貿易事務として採用される可能性が低くなってしまいます。基本的なソフトウェアの操作方法などは覚えておきましょう。パソコンについての知識があまりないのであれば、貿易事務の求人紹介サイトから研修等に参加することができます。

語学力

貿易事務の仕事では基本的な英語力は必須です。書類の対応や処理のために、特に読み書きのスキルが必要になります。英語力はすぐに高くなるものではないですが、長い目でしっかりプランを立てて取り組めば、基準以上の力が身につくでしょう。

事務処理能力

基本的に貿易事務の仕事は事務的なものが多いので、事務処理能力は必須だといえます。事務処理能力というと漠然としていますが、書類を素早く理解し、適切な処理をするという能力です。ミスがないことも条件です。

判断力

素早い判断が求められることも多い職場ですので、判断力が物を言います。優先順位を付け、どのように判断して処理するかが非常に大事になってきます。

広告募集中